封筒や名刺

名刺 ロゴを作成しようと企画するときはどんな時でしょうか。ホームページをリニューアルしたり支店を開店したり何かの転機となる時にロゴを一新する会社が増えています。そして、それはどのようにすればよいのでしょうか。

従来なら、大手広告代理店に依頼することにより、宣伝効果が高いロゴを作成するのが一般的でした。予算もそれなりにかかるそうです。今、制作しやすい価格のロゴ制作会社の一般的な利用方法は、まず無料相談、その後デザイナーを決めたりイメージなどの方向づけをしたりします。そして、デザインが複数件出されて修正を希望によってかけることができます。気に入れば、支払いと納品ということになります。ロゴを作成する時には、商標調査や一般のお客様への印象調査、仕様書の作成などのオプション的なサービスもあります。ホームページ上でのロゴもメジャーな使い方ですが、パンフレットや名刺や封筒などの紙製ツールへもロゴを配置して希望の品を納品してもらうことができます。

現在は、ロゴを作る方も増えています。それは、ホームページを多くの企業が開設したりリニューアルしたりすることが多いのに加えて、起業する方も増えてきたためです。また、ロゴの役割もWEBツールの発展で広がっています。

参考HP…ビズアップ|ロゴ作成


ロゴは商品の顔

ロゴは、文字を飾ってイラストなどと組み合わせて作ったデザイン画ですが、簡単にオーダーして専用のロゴを作成して貰えます。ロゴは、どうやったら作成することができるのでしょうか。今は、ロゴの需要が企業立ち上げやホームページ開設時などに高まっています。

ロゴは、大手の広告代理店などが大手企業へ向けて作成したものだとそれなりの費用がかかります。有名企業のロゴは、見ただけでその企業のイメージを彷彿させて、商品もその企業のものであることが認知されますので、宣伝効果の高いです。また、ロゴは、ホームページの開設などで需要が増えた動くタイプのロゴなどもあります。

握手まず、ロゴ制作会社にコンタクトを取ります。制作したいロゴの雰囲気やイメージを伝えます。その後、無料相談になります。その際、イメージを伝えてデザイナーを選ぶようになります。イメージの合う方の氏名やコンペでの募集といったスタイルがあります。企業との打ち合せ時にデザインなどの希望をしっかりと確認します。デザイン提出後に何度かの修正作業を済ませて、気に入ったら代金を支払ってCD-ROMなどで納品となります。

このようにロゴは、比較的簡単に作成できますし、ホームページはロゴを表示させることによって、対象物のイメージ作りに一役買っています。


ロゴを作成

ロゴは、会社や商品の顔といえます。ロゴを作成したい時はどのような時でしょうか。商品や会社のイメージを一新したい時やサイトのリニューアル時に作成する企業が多いです。ロゴの作成会社を利用する上でスムーズな動きも合わせた視点で、ロゴについて考えていきます。

色のサンプルロゴの作成手順は、まず無料でできる相談をします。どのようなロゴを望んでいるのか、ロゴを使用するシーンはどのような時なのかなどをエントリーします。その後、デザイナーを指名やコンペで決定します。個性の多い魅力的なロゴを作成するデザイナーが多いので、ここである程度方向性を絞り込みます。そして、デザイン案を素に修正を加えて、気に入った段階で納品されることになります。

また、ロゴの入った封筒や名刺、パンフレットなどの紙製のツールも企業販促の一助となります。ロゴを作成する際には、既に同じようなロゴがないか商標調査を行うサービスや、消費者の受ける印象はどうなのかを意識した印象調査や社内での説明を果たすための仕様書をつけるようなサービスもあります。必要に応じてロゴ作成の際にセットすることができます。サイトをリニューアルした際には、動くロゴもホームページ用にオーダー可能です。

以上のように、ロゴを作成する狙いには会社や商品のイメージアップをするためがあります。ロゴは、企業イメージを一新できるような力を持っています。当サイトで、ロゴ作成のアイディアを提供できれば幸いです。